自宅で行うアンチエイジングケアの方法とは

女性 ファッション 案内

年齢を重ねても綺麗な肌や体型を維持したいと考える女性は少なくないので、普段からエステサロンや美容サロンなどの美容専門施設を利用してフェイシャルマッサージやボディケアなどの様々な美容施術を受けている方は増えてきています。

しかしエステサロンに定期的に通うとなると金銭面でも生活の負担となってしまうので、もっと気軽に自宅で行えるアンチエイジング方法はないか悩んでいる女性は多いのです。

そこで注目されているのが、体に蓄積しやすい老廃物をしっかり排出させる効果が高いとされているリンパマッサージです。リンパ節があるのは顎の下、腋、足の付け根、膝の後ろでバスタイムなど体が温まり血行が良くなった状態で優しくマッサージを行う事で、リンパの流れが良くすることが出来ます。

毎日のバスタイムに行えば効率よくお手入れをすることが出来ますしこまめなマッサージは体の隅々まで血行が良くなる事で、一日の疲れによって起こりやすい足や顔のむくみも解消することが出来ます。

また老化トラブルが目立ちやすい顔は、筋肉の低下によって顔のたるみが起こりシワの原因となります。

そのためリフトアップに効果的な美顔器などを利用してフェイシャルケアを行う事で、顔全体の約70%にも及ぶ顔の筋肉を鍛えることが出来るようになるので、引き締まった小顔を手に入れることが出来ますし若々しい印象を与えることが出来るメリットもあります。

体の酸化を防ぐためにも栄養バランスの良い食生活を送る事も大切です。

基礎化粧品でアンチエイジングを目指す

アンチエイジングとは加齢などによる肌のたるみ、シワ、シミなどの症状に対抗、発生を抑えることで、生活習慣を改善、栄養バランスの良い食事を積極的に取り入れたりすることでもある程度の効果がありますが、化粧品でそのような状況を目指す場合はもっと直接的に肌質を改善したり、美白効果のある基礎化粧品等をうまく使用することでアンチエイジングを目指すことになります。

ただし化粧品の広告表現としてアンチエイジングという言葉は使用できず、現状はほぼ同じ意味を表現するものとしてエイジングケアという言葉を使用したりします。

肌の老化現象の大きな原因としては活性酸素の過剰発生、コラーゲン成分の減少、また肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルの乱れというものがあります。

基本的には誰でも加齢により活性酸素を抑える機能は低下していきますし、失われたコラーゲンを再生する能力も同様なのですが、基礎化粧品である化粧水や美容液、クリームなどでこれらを補ったり活性化させることになり、肌が乾燥していたり角質が硬くなっている場合では改善することで肌トラブルの発生を抑えていくのです。

またすでに症状があらわれている場合にはピーリングなどで肌のターンオーバーを活性化させて肌の奥深くに色素沈着しているシミなどの排出を促します。

加えて最近は紫外線によるダメージや乾燥が肌の老化現象と強く因果関係があると指摘されていますから、基礎化粧品だけでなく日焼け止め、UVカット機能が備えられているコスメでもエイジングケアを行っているのです。

アンチエイジングで美白にする簡単な方法

アンチエイジングで美白にする簡単な方法が存在します。

それは、細胞の酸化を防ぐための製品や生活スタイルを維持することです。これだけで、美白の効果を効率的に発揮することができます。

アンチエイジングというのは、簡単に述べると細胞の酸化を防いでいつまでも若々しい肉体を維持するための方法のことを意味します。

アンチエイジング用の製品や食べ物は数多く販売されていますが、一番効率的にアンチエイジングを実現するためには必要な栄養分だけを製品から取り入れて後は身体の自浄作用に任せてしまうことです。

この方法が一番楽に美白を形成することができます。まず、アンチエイジングに必要な抗酸化作用を持っている製品は、サプリだけではなく化粧品などにも多くありますので適当なものを利用してかまいません。重要なのは、身体の自浄作用を促すために少しだけ食事をたつ期間を必ず設けることです。

人間の内臓というのは、自身の力で体内を自浄する作用を持っていますので、この自浄作用を発揮させると体内の毒素を外部に排出してくれるようになるので必ず健康的な身体になります。

実際に、食事を一定期間制限すると、体内の若返りの細胞が活発に働いて抗酸化の効果をより効率的にすることが医学的な見地からもわかっています。

化粧品やサプリから取り入れるアンチエイジング的な要素をほどほどにして、あとは身体の自浄作用に任せれば自然と美白に近づけることができるようになるわけです。

アンチエイジングに効果的な化粧品

肌の老化を改善することをアンチエイジングといいます。

アンチエイジングを目的としている化粧品はさまざまなものが販売されていますが、効果を得るためには老化の原因に合っている製品を選ぶ必要があります。

私がおすすめしたいアンプルール美白効果に優れているのでとってもおすすめです。

悩みに合った製品を選ぶ必要があり、シミにはメラニン色素を還元する作用のあるものを選んでいくことをおすすめします。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されているものが良いとされています。

シワの原因は乾燥によるものです。乾燥が気になる場合には高い保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が配合されているものがよく、スキンケアをした後には乳液やクリームなどを塗って油分でフタをするのを忘れないようにします。

真皮性のシワには真皮層まで浸透して肌を活性化させてコラーゲンを増やす成分、レチノールやビタミンC誘導体、成長因子などが配合されているものが効果的です。

たるみにはハリを取り戻して、弾力低下の原因となる活性酸素を抑制するものが有効となります。ハリを取り戻すにはレチノールやビタミンC、活性酸素を抑制するにはアスタキサンチン、コエンザイムQ10などの成分がおすすめです。

くすみを改善するためには、症状や原因によって化粧品を選んでいきます。

古い角質などが原因の場合にはピーリング効果のあるものを選んでいくなどしていきます。

ひとことでアンチエイジング化粧品といってもさまざまなものがあるため、症状や原因によって適切なものを選んでいくことが大切です。

アンチエイジング美容液選びのポイント

アンチエイジング美容液を選ぶときには、美白成分がはいっているか、肌質に合っているか、成分の濃度は適切か、の3点に注目しましょう。

「ホワイト」や「透明感」といったキーワードが使われていると美白効果がありそうですが、実際には美白効果が入っていない美容液もあります。

美容皮膚科などで処方される美白成分には「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「コウジ酸」「グラブリジン(油液性甘草エキス)」「トラネキサム酸」「プラセンタ」などがあります。

これらが含まれていれば、美肌になれる可能性があります。

市販品では配合されていないものもあるので、選ぶときには成分をよく確認してみましょう。

肌質に合っているかどうかも重要です。

肌に合わない美容液を使い続けていると、肌荒れやシミなどの新たな肌トラブルを引き起こしてしまう原因になります。

特に乾燥肌や敏感肌の人には合わない美容液のほうが多いので、使うときにはパッチテストをして肌に合うかどうか確認しておきましょう。

成分の濃度もチェックしましょう。

どんなにアンチエイジング効果が期待できる成分でも、微量しか入っていないのでは効かない確率のほうが高いです。

美容液の成分表示には、多いものから順番に記載されています。

自分が期待する効果の成分がどれくらい入っているのかをチェックしておきましょう。

美白成分が最後のほうに記載されている場合は、美白成分の濃度が低いということなので美白目的には効果が薄い可能性が高いです。